一般財団法人おおいた共創基金

令和2年度NPO基盤強化支援事業(大分版クラウド)の採択団体が決まりました!!

採択NPO団体名
 ①NPO法人 地域ひとネット http://chiikihito-net.com/
 ②NPO法人 しげまさ子ども食堂 https://shigemasa.jimdofree.com/
 ③NPO団体 予防カフェ
 ④NPO団体 チャイルドラインおおいた http://childlineoita.littlestar.jp/

*上記NPO団体が、 令和2年9月1日(火)から令和3年2月7日(金)までの間に様々

な方法で、寄付金集めを行いますのでご協力をお願いします。

★クラウド募金箱

 

★各NPO団体の概要(4団体)


●NPO団体名:NPO法人 地域ひとネット ● 住所:〒870-0874  大分市にじが丘3-10-10
●電話:097-547-2424●携帯 
080-9092-5534 ●FAX:097-547-2424
●E-mail info@chiiki-hito.net
●担当者:谷川 真奈美(たにがわ まなみ
●活動内容:
市民活動団体の活動支援、各関係機関とのコーディネートをすることで、地域課題の解決に向けて、市民活動団体の特徴を活かしたネットワークづくりをし、より豊かな地域社会を目指します。
●本事業の内容:令和2年7月豪雨により被災した日田市エリアの災害支援を行っているNPO法人リエラと連携し、避難所や仮設住宅で生活している子どもや高齢者を対象に絵本の読み聞かせやふれあい囲碁をツールとした遊びの場を提供するための経費に寄付金を活用したいと思っています。
●寄付金集めの方法:募金箱を活用した募金集めやワンコイン募金(500円)のお願い、救援物資の提供に協力していただける企業等への募金を広く呼びかけていきたいと思っています。

 活動風景(ふれあい囲碁)

   寄付していただいた絵本

 

 

 

 

 

                

 

 

 

 

 

 

 

 


●NPO団体名:NPO法人 しげまさ子ども食堂 ●住所:〒879-7125  豊後大野市三重町内田1615
●電話:0974-22-1113 ●FAX:0974-22-2433
●E-mail:shigemasakodomoshokudou3@gmail.com 
●担当者:首藤 文江(しゅとう ふみえ)
●活動内容:
子ども食堂や無料学習支援、プレイパークを定期的に行いながら
自分の想いを伝えることができるように、「プレゼンテーションの指導」と「舞台パフォーマンスの指導」も行っています。地域の子どもを見守りながら、子どもたちが自らの生き方に主体性を持ち、積極的に社会に参画していける応援をしています。
●本事業の内容:
無料学習支援で中学生に勉強を教えてくれる大学生の交通費や謝金等に使わせていただきたいと思います。
●寄付金集めの方法:企業等を訪問しての寄付のお願いや商店街等に募金箱を置いていただいたり発表会の会場や街頭で募金を呼び掛けたいと思っています。

 

  学習支援の風景

 

 

      子ども食堂の食事風景

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


●NPO団体名:NPO団体 予防カフェ ● 住所:〒870-1168 大分市松が丘2丁目12番6号
●電話:090-7150-9090●E-
mail shutou90@gmail.com ●担当者:首藤 明子(しゅとう あきこ)
●活動内容:高齢者が、安心して暮らせる地域づくりと社会貢献をするために、現在、毎月第3月曜日に「わさだ行政センター」で予防カフェとして認知症や防災、終活などの情報提供や介護予防の体操などを行うとともに個別相談や訪問相談にも応じています。
●本事業の内容:認知症予防のための各種トレーニングゲームやPR用の防災グッズの購入等のために集まった寄付金を使いたいと思っています。
●寄付金集めの方法:予防カフェ開催時に募金箱を設置するとともに今までの参加者等に広く呼びかけたいと思っています。

 

   認知症講座の風景

防災講座の風景 (地域のハザードマップの確認)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


●NPO団体名:NPO団体 チャイルドラインおおいた ● 住所:〒870-0842 大分市六坊町 2-47
●電話:090-3322-3699 ●E-mail  childline.oita.@gmail.com
●担当者:平井 貴美子(ひらい きみこ)
●活動内容:18歳までの子どもからの声をフリーーダイヤル及びチャットで受け付けています。また、新たに「つぶやく」のコーナーを開設しています。子どもたちの哀しみ、怒り、不安、喜びなど、どんなことでも耳を傾け、子どもの気持ちに寄り添い、、一緒に考えます。子どもからのメッセージを社会に発信し、子どもたちが生き生きと生活できる環境づくりを目指しています。
●本事業の内容:令和3年5月に開催予定の「チャイルドラインおおいた」10周年の記念行事に集めた寄付金を使いたいと思っています。
●寄付金集めの方法:「チャイルドラインおおいた」の活動内容が分かる資料を作成し、企業等へ寄付のお願いをしたり、研修会や公開講座、チャリティゴルフとうの参加者に募金のお願いをしたいと思っています。

 

 

子どもたちはホームページやカードのQRコードを使ってアクセスします

 

「チャイルドラインおおいた」の存在と電話番号をお知らせするカードを大分県内のすべての小・中・高等学校・支援学校の子どもたちに配付しています